1. TOP
  2. ニュース&トピックス
  3. 食や娯楽サービス初利用、運動不足解消、自己投資など 7つのタイプ別消費~ 傾向を組み合わせて消費、軽率購入の後悔も ~
  • お知らせ
  • 調査

【新型コロナ感染防止の外出自粛で「巣ごもり消費」意識調査】

食や娯楽サービス初利用、運動不足解消、自己投資など 7つのタイプ別消費~ 傾向を組み合わせて消費、軽率購入の後悔も ~

 株式会社エヌケービー(東京都千代田区、代表取締役社長:外谷敬之)は、新型コロナウイルスの感染拡大防止で外出自粛する人が急増する中、「巣ごもり消費」の需要とその背景にある生活者のニーズを明らかにする目的で、「自宅での消費活動や過ごし方」についてアンケート調査を実施しました。その結果をご報告いたします。

 調査は、「外出自粛により自宅で過ごす機会が多い中、買って良かったもの、失敗したもの」と「新しく始めたことや初めて利用したサービス・趣味」について質問しました。

 回答では、家での食事が増えたことによる食品や調理機器、余暇時間を過ごすためのゲーム・本・動画配信サービス、運動不足を解消するための機器・フィットネスプログラム、室内を快適にするための家具、休校措置による学習の遅れをカバーするための学習教材などさまざまな「巣ごもり消費」が行われていることが分かりました。

 その結果、消費の傾向として生活者のニーズや意識を7つのタイプに分けることができました。

①おうち時間充実型・・・自宅での時間を豊かで充実したものにしたいというニーズ
②エクササイズでストレス発散型・・・運動不足・ストレス発散のため、体を動かしたいというニーズ
③趣味に没頭エンジョイ型・・・インドア系の趣味・コンテンツを楽しむ意識
④趣味&実益を兼ねた手作り型・・・時間・手間をかけた実益を兼ねた趣味に興じている
⑤自己投資・スキルアップ型・・・余暇時間に自己研鑽に励んでいる
⑥自分見つめなおし方・・・断捨離など自分の生活の見直し・整理している
⑦癒し・リラックス型・・・不穏な日々の中で、癒し・リラックスへの希求
*出典元:(株)NKB調べ

 生活者のニーズ・意識について、自宅での時間を充実したり、エクササイズでのストレス発散、趣味への没頭、自己研鑽に励む、癒し・リラックスを求めるなど7つタイプの傾向に分けることができました。また、生活者は1つだけにタイプを決められるのではなく、さまざまなタイプを組み合わせた形で「巣ごもり消費」を実践しています。

 主な事例では、家での食事が増えたことを踏まえた普段よりちょっと良い食材のお取り寄せや、かつてチャレンジする人の多かったエクササイズDVDの活用、家族で楽しむことができるゲームソフトの人気沸騰などがあります。

 一方、「巣ごもり消費」へのニーズが高まる中、軽率な購入や不要な買いだめで後悔するケースも見られました。例えば、品薄を危惧して焦って値段の高いトイレットペーパーを購入したら、翌日にはいつも買うお手ごろ価格のものが売っていたという失敗談もありました。


■各タイプの特徴

①おうち時間充実型

 自宅での時間を充実させたいというニーズによる消費タイプです。こだわりの食材を取り寄せたり、お気に入りの飲食店のデリバリーサービスを利用するなど、自宅でのちょっとした贅沢を楽しむ様子がうかがえます。また、動画配信サービスを利用した映画・ドラマ鑑賞も人気です。外出自粛をきっかけに、フードデリバリーなどの宅配サービスや動画配信サービスに新規登録するなど、外出せずに利用できるサービスの需要が急騰しています。

○関連キーワード:おうちで贅沢、自宅で楽しむ、充実時間
○需要のある品目例:お取り寄せグルメ、宅配サービス、動画配信サービス

<回答の一例>

・外食や飲みに行かないので、地方のお土産や名物をネットで取り寄せました。ちょっとおうちで贅沢をします。(70代/女性)
・少し良いコーヒー・紅茶を買ってよかったです。ゆっくり飲む機会が増えて前よりじっくり味わえています。(40代/女性)
・音楽ライブの有料配信サービス。これからこういうのを利用する機会は間違いなく増えると思います。(50代/男性)
・飲食店のテイクアウト商品の店頭受取予約を使い始めました(ネット、電話)。待たずに受け取れるので便利!もっと早くから使えばよかったです。(40代/女性)
・買ってよかったものは、海外ドラマのDVDシリーズ。40話以上あるので観るのに時間がかかります。(40代/男性)


②エクササイズでストレス発散型

 自宅にこもっていることによる運動不足やストレス解消の目的で、室内でできる運動へのニーズも高まっています。部屋の中でできる体操やストレッチ、簡単な筋トレなどの運動を行っており、その際オンライン動画を参考にするほか、運動系ゲームソフト、以前に流行したエクササイズDVDなども活用しています。

○関連キーワード:運動不足解消、ストレス解消
○需要のある品目例:エクササイズDVD、エクササイズ動画、筋トレ、運動機器、運動系ゲームソフト

<回答の一例>

・自宅でも寝る前に20分ぐらいですが筋トレを始めました。(60代/男性)
・外に出られなくて運動不足なので、家の階段を何十往復もして運動しています。(30代/女性)
・オンライン動画のダイエット関連チャンネルを見ながら、骨盤締めダイエットやスクワットルーティンをしています。(30代/女性)
・今になってエクササイズのDVDが懐かしくなり、買ってみましたが意外に主人とハマっています。運動不足解消に一役買っています。(30代/女性)
・運動系のゲームソフトはジムに比べればもちろん物足りないが意外と運動にはなります。(30代/男性)


③趣味に没頭エンジョイ型

 自宅にこもりながらゲームや読書などインドア系の趣味に没頭する消費タイプ。一人で集中して楽しむだけではなく、親子や友人とコミュニケーションが取りながら一緒に楽しむ人も見られます。特にほのぼのとした世界観で子どもも含めた家族みんなで楽しめるゲームソフトは大人気です。電子書籍やゲームのオンラインプレイの利用も増加しています。

○関連キーワード:積みゲー、積み本消化、オンライン通信対戦、電子書籍
○需要のある品目例:ゲーム周辺機器(本体・ソフトのほか、ディスプレイやマウス椅子などの周辺機器)、電子書籍

<回答の一例>

・先月、発売された家族で楽しめるゲームソフトを子どもも大人も喜んでいます。(40代/女性)
・買ってよかったのは本。ネットやテレビはついコロナ関連のニュースを見てしまうのが、本は心がざわざわしないで集中できます。(40代/女性)
・ゲーム機で初めて友人とゲームをしながら会話するようになりました。(40代/女性)
・気になっていた電子書籍を読み始めました。(50代/男性)
・名前だけはよく聞いていた有名スマホゲーをはじめて見ました。(20代/男性)


④趣味&実益を兼ねた手作り型

 時間に余裕ができたことで趣味と実益を合わせて楽しむ過ごし方があります。布マスクの手作りといったハンドメイドや、普段よりも手の込んだ料理にチャレンジするなど、手間と時間をかける事例が多いです。それに伴い、手芸用品や普段は使わないスパイスといった材料の需要も増加しています。「この機会だから久しぶりに始めてみた」など、返り咲きが多いのもこのタイプの特徴です。

○関連キーワード:ハンドメイド・手の込んだ料理
○需要のある品目例:ハンドクラフト用品・手芸用品・電気調理機器・料理本・スパイスなど

<回答の一例>

・しばらく休んでたけど、ミシンで小物作り始めた。凝った料理も前よりするようになりました。(40代/女性)
・ロイヤルミルクティーを入れています。今までは入れた紅茶に牛乳を注ぐだけでしたが、時間があるので小鍋で紅茶も牛乳も煮出して濃厚なミルクティーを飲んでいます。(40代/女性)
・編み物や裁縫。小さなものでも出来上がると達成感があり、楽しいです。マスクづくりは実益も兼ねます。(40代/女性)
・料理本と各種スパイス。時間があるのでカレーをスパイスで作り始めたら楽しくて、毎週のように作っています。(40代/女性)
・買って良かったものは鍋、料理の幅が広がりました。(40代/女性)


⑤自己投資・スキルアップ型

 自宅時間の過ごし方として、自己研鑽に励む人もいます。自由に使える時間が増えたことで、スキルアップや収入アップを目的として、新しい勉強や投資に積極的に取り組む動きがみられます。また、テレワークの推進などの労働環境をはじめとした世の中が急速に変化するのに伴い、自身のキャリアを見つめ直す人も増加しました。教材は本やオンライン講座を活用、またテキストや周辺機器を新たにそろえるなどして、自宅で勉強に励んでいます。

○関連キーワード:自己投資・スキルアップ・投資・副業
○需要のある品目例:オンライン講座・テキスト・オンライン証券・投資関連商品

<回答の一例>

・スクールではなく家での英語学習を始めました。(40代/女性)
・オフィスアプリの勉強動画を見始めました。便利な機能など知れてよいです。(40代/男性)
・ロシア語講座のテキストを購入しました。(30代/女性)
・よかったのは投資系の本。じっくり読む時間が取れるので。失敗したのは食料。ついつい食べすぎてしまいます。(30代/男性)
・英語でも勉強しようと教材を買いました。(50代/女性)


⑥自分見つめなおし型

 断捨離や部屋の片づけをし、自分の生活を見つめ直すタイプです。片付けに没頭することで余計なことを考えなくてよくなり、身の回りが綺麗になると気分転換にもなるという効果も得られます。フリマアプリを活用して不用品を販売する人も増えています。

○関連キーワード:断捨離・片付け・掃除
○需要のある品目例:掃除関連用品・フリマアプリ

<回答の一例>

・部屋の片づけを念入りにするようになり、今まで気になっていたきれいだけど自分には必要のない物をネットにより売り始めました。(50代/女性)
・一日の振り返りです。(40代/男性)
・昔の書類などの整理と断捨離。(40代/男性)
・部屋の片付けを気合い入れてやり始めました。(30代/女性)
・私物の整理や掃除です。(30代/女性)


⑦癒し・リラックス型

 社会が不安な空気に包まれる中、癒しやリラックスを求める意識が高まっています。ペットを飼い始める、家庭菜園を始めるなど新しく生活に癒しを取り入れている様子です。そのほかにもアロマテラピーやハーブティーなど癒し・リラックス効果を見込める商品の消費が増加しています。新型コロナウイルスによる外出自粛や社会情勢への不安が長期化するにつれ、需要が今後さらに増加すると予想されます。

○関連キーワード:ペット・癒し・リラックス
○需要のある品目例:ペット関連用品・癒し系グッズ・アロマテラピー・マッサージ機器

<回答の一例>

・外出自粛だからというわけではありませんが、ペットを飼い始めました。(40代/男性)います ・アロマオイル。癒されます。(30代/女性)
・買ってよかったものはハーブティーです。家でゆっくりリラックスできるのでいいです。(40代/女性)
・在宅になったので、ベランダで家庭菜園を始めました。今まで何も育てたことがないので、いちからネットを見ながら勉強しています。楽しいです。(70代/女性)
・癒し系ペットのブログを毎日読むようになりました。(40代/女性)


■購入して失敗したもの

 外出自粛に備え、食商品や日用品などの買いだめや、品薄や流通に滞りが生まれそうな商品を積極的に購入する動きが社会全体的にみられていました。しかし、普段買わないレトルト食品やカップラーメン、品薄だからと飛びついたトイレットペーパーなど、軽率な消費は失敗につながりやすいです。お菓子類やビール類といった嗜好品の買いすぎを後悔する人も多いです。

<回答の一例>

・袋入りのラーメン。思ったよりも賞味期限が短いのとここへきての野菜高騰。(30代/女性)
・カップラーメン。手軽でよいが、つい食べてしまいます。(40代/男性)
・レトルトの牛丼。冷凍牛丼のもとはおいしかったのでレトルトも利用してみたがおいしくなかったです。今まで購入したことのないものは失敗すると思いました。(50代/女性)
・失敗したのは品薄だったトイレットペーパーです。生活必需品のため焦って高級なトイレットペーパーを買ってしまいましたが、翌日には普通にいつもの安いモノが売ってました。(50代/男性)
・お菓子。ストレスから大量に買いだめしてしまったが、食べすぎてしまうので健康に良くないです。(40代/男性)
・ビール、酎ハイ、買いすぎてしまい、飲む量が増えました。(60代/男性)

==============
<調査概要>
「自宅での消費活動や過ごし方」に関するアンケート調査
調査方法     :インターネット調査
調査日      :2020年4月2日(木)
調査対象     :ミルトーク登録者20代~70代・全国
サンプル数    :101名(男性38名、女性63名)
調査方法     :「外出自粛により自宅で過ごす機会が多い中、買って良かったもの、失敗したもの」と
          「新しく始めたことや初めて利用したサービス・趣味」の2問を質問し、フリーアンサーで回答
取材協力     :ミルトーク *ミルトーク・・・株式会社マクロミルが運営するオンライン掲示板
==============
※本データ引用・転載の際は「(株)NKB調べ」とご表記ください。


■会社概要
 株式会社エヌケービー  「パブリックスペースに集まる人々の心を豊かにする」を企業理念に、交通広告やマルシェ事業、パブリックアート事業などを展開。新しいコミュニティの広場をつくり、社会に貢献していくことを目指しています。また調査では、生活、経済などに関わるタイムリーな話題の分析調査を推進しています。

このページのTOPへ